酵素の働き

 

酵素について

酵素、酵素っていうけど、いったい酵素っていうのはどういうものなのでしょうか。

 

酵素はタンパク質の一種であり、消化・吸収や燃焼、排泄などといった、人間の身体の働きになくてはならない物質なのです。
おいしい食べ物をしっかり消化・吸収して、正しく燃焼させ、そして排泄できるのは酵素のおかげなのです。

 

唾液に含まれるアミラーゼ(でんぷん質を分解)、
胃液のペプシン、
すい液のトリプシン(タンパク質を分解)、
すい液や腸液のリパーゼ(脂肪を分解)
といった消化酵素の名前はよく知られていますし、耳にしたこともあることでしょう。

 

酵素は、その他にも骨をつくるのを助けたり、肝臓や腎臓に働きかけるものもあれば、呼吸やホルモンの分泌、神経伝達などの作用にも介在しています。

 

ここまで読めばよくわかると思いますが、酵素は、私たちが毎日の健康な生命活動を営むためには必要不可欠なものなのです。

 

 

そして、この酵素、20歳前後をピークとして、その後少しずつ体内から減少し、40歳を過ぎるとほとんどの人が酵素不足気味となってしまうのです・・・
だから、その目減りを防ぐためにも、毎日の食事などで補っていく必要があることが最近の研究で分かってきたのです。

 

今までの日本の食生活では、漬物や納豆、生野菜、生魚、果物などにたっぷり含まれる酵素を無意識に摂取することができていたのですが、近年になって加工食品の増加や食の欧米化が進んだことにより、現代人は、酵素が不足しがちなのです。
また、環境汚染やストレスなども、酵素活性が低下してきている原因とも言われています。

 

 

ですから、新鮮な生の食品や、酵素の多い発酵食品を意識して多く摂取するようにして、体内酵素の不足を補うことがとっても大切なんですよ。

 

注意すべき点としては、酵素は生のものに多く含まれているのですが、加熱することによって、そのほとんどが失われてしまうこと。酵素は「熱に弱い」という弱点が・・・
75〜85℃でほとんどの酵素は失活。つまり、電子レンジで加熱したり、煮たり、焼いたり、炒めたりすることで、酵素はなくなってしまうのです。

 

ですから、酵素を有効に摂取するためには、新鮮な食材を、極力生の状態で食べることが重要なんです。